人事労務マネジメントオフィス 社会保険労務士事務所 町田市

新型コロナ対応で失業給付の給付日数が60日延長されました

新型コロナ対応で失業給付の給付日数が60日延長されました

令和2年6月12日、「新型コロナウイルス感染症等の影響に対応するための
雇用保険法の臨時特例等に関する法律」が成立・施行されました。

雇用保険の基本手当(失業給付)は被保険者期間や年齢、離職理由などにより
給付日数が90~360日の間で定められていますが、この法律により、
その日数が特例的に「60日」延長されました。
 
ただし、もともと給付日数が多い以下の人については「30日」となっております。
・35歳以上45歳未満の方で所定給付日数270日の人、
・45歳以上60歳未満の方で所定給付日数330日の人
 
なお、対象となるのは以下の①~③に該当する人です。
※令和2年6月 12 日以後に基本手当の所定給付日数を受け終わる人が対象となります。
 
① 離職日:令和2年4月7日(緊急事態宣言発令以前)
  対象者:職理由を問わない (全受給者)
 
② 離職日:令和2年4月8日~5月25日(緊急事態宣言発令期間中)
  対象者:特定受給資格者および特定理由離職者
 
③ 離職日:令和2年5月26目~(緊急事態宣言全国解除後)
  対象者:特定受給資格者および特定理由離職者(雇止めの場合に限る)であり、
        かつ、新型コロナウイルス感染症の影響により離職を余儀なくされた人