人事労務マネジメントオフィス 社会保険労務士事務所 町田市

製造業の外国人材受け入れに関する相談窓ロ設置

製造業の外国人材受け入れに関する相談窓ロ設置

改正入管法により、今年4月から外国人材受入れの新制度がスタートし、「特定技能」という新たな在留資格が設けられ、14業種において外国人が就労できるようになりました。

人手不足が深刻化する中、新制度を活用して外国人材の活用を検討したいものの、必要な申請や受け入れの流れなどがわからないという企業も多いため、経済産業省は6月、製造業における外国人材受入れに関する相談窓口を設置したことを発表しました。

相談できるのは製造業のうち、素形材産業、産業機械製造業、電気・電子情報関連産業の3分野において「1号特定技能外国人」の受入れを検討している中小企業です。
電話・メールでの相談のほか、対面式の相談窓口(事前予約制)が全国13都市に設置されています。