人事労務マネジメントオフィス 社会保険労務士事務所 町田市

重点監督の結果、7割で法令違反

重点監督の結果、7割で法令違反

 厚生労働省は4月25日、 昨年11 月に実施した「過重労働解消キャンペーン」における重点監督の実施結果を公表しました。この重点監督は、過労死等に関する労災請求のあった事業所や若者の使い捨てが疑われる事業所など8,494 事業所に対して集中的に実施されたものです。重点監督の結果、全体の67.3%にあたる5,714事業所で労働基準関係法令の違反がありました。
 特に多い違反内容としては、「違法な時間外労働があったもの」が2,802事業所と全体の33.0%を占めています。
 その他、「賃金不払い残業があったもの」が463事業所(5.5%)、「過重労働による健康障害防止措置が未実施のもの」が948事業所(11.2%)ありました。
 厚生労働省では、今後も是正指導に従わない事業所に対する確認を行い、応じない場合は送検も視野に入れて対応するとしています。