人事労務マネジメントオフィス 社会保険労務士事務所 町田市

無期転換ルール開始から5年が経過しました

無期転換ルール開始から5年が経過しました

平成25年4月施行の改正労働契約法から5年が経過しました。

改正労働契約法では、「無期転換ルール」が新たに導入されました。
これは、
・同一の使用者(法人単位)との間で契約した労働契約が
・繰り返し更新されて(1回以上)
・通算5年を超えることとなったとき
・労働者の申込みによって
・無期労働契約に転換される
という制度です。

「通算5年を超えることとなったとき」ですから、改正された頃は、「まだあと5年ある」と少し余裕もありましたが、
いよいよその5年が経過しようとしています。

無期転換ルールへの具体的な対策としては、有期契約のパートタイマーや契約社員が無期転換された後の労働条件・就業規則等を
整備すること、定年後再雇用された社員を無期転換ルールの対象外とするための手続きを行うことなどが挙げられます。